/
  1. Monster

From the album Black Rock Warrior Queen

In cart Not available Out of stock

Lyrics

日本語訳は英語の下にあります。

I'm a woman now but yet I am a child in pain
Traces still remain like crime scene blood stains
Perpetrators forget but still I live with scars and shame
Karma says I chose it, so there's no one to blame

Under the midnight moon, I stand all alone
Dripping in the sorrow a child should never know
Unconditional self-love: the road is so far away
But I'm searching night and day

I can't give love unless I love myself both good and bad
When will the victim in me stop dwelling on the past
The unforgiven must be forgiven or I'll drive myself mad
When will I make the peace with the monster in me

What goes around will come around; what you sow is what you reap
Character is evident in the company you keep
I terrorize and victimize, live in guilt and grief
I've become the perpetrator, the liar, the thief

Under the midnight moon, I stand all alone
Buried in the karmic seeds I have sown
Unconditional self-love: the road is so far away
But I'm determined come what may

I can't receive love unless I love myself both good and bad
Scars will heal when I rise to fight and confront the past
The unforgiven must be forgiven or I'll drive myself mad
I've got to make the peace

I can't receive love unless I love myself both good and bad
Scars will heal when I rise to fight, confront the past
The unforgiven must be forgiven or I'll drive myself mad
I've got to make the peace with the monster in me


MONSTER(モンスター)
From Black Rock Warrior Queen
(「ブラック・ロック・ウォーリア・クイーン」より、M8)

今は一人前の女なのに 
犯行現場に残された血痕のようにある部分だけが
子供の時のまま 相手がそのことを忘れても、
私の心に刻まれた傷は癒されない
それが私の宿命だから 誰も責めることはできないけれど

月夜の下 子供の頃の忌わしい出来事を思い出し
頬を濡らしながら、孤独に過ごす
手放しで自分を愛せるようになれる日は、はるかに遠い
だけど その日がくるのを毎日待ち続ける

いいところも悪いところも 
自分のすべてを愛せなければ人を愛するなんてできない
過去の傷みを忘れることができるのはいつだろう
許せないことも許していかないと 何も変えられない
心の中の怪物(モンスター)を受け入れられるのだろうか

ほかの誰かにしたことは いつか自分に返ってくる
自らのまいた種には 必ず報いがやってくる
ことわざにあるように類は友を呼ぶ
暴力と罪をくり返し 悲嘆と罪悪感を感じながら生きている
私もいつのまにか嘘をつき 人の物を盗み 加害者になってしまった

月夜の下 自らのさだめを呪い 孤独に過ごす
手放しで自分を愛せるようになれる日は いまだに遠い
だけど その日が来るであろうことを確信している

いいところも悪いところも 
自分のすべてを愛せなければ人に愛されることもない
過去の傷みと戦い 立ち向かっていくことで
その傷は消え去っていくだろう
許せないことも 許していかないと 何も変えられないならば
心の中の怪物(モンスター)も受け入れていこう


© 2011 Diva Divine Music